menu

SERVICE DETAIL
命のグラフ

gps_fixed

命のグラフ ー 個人健康記録入力サービス

命のグラフ

診療データは、病院内に蓄積され、その病院で検査や治療を行っているときは、患者に対して提供されます。別の病院に行くと、同じ検査であってもやり直し、またその病院で検査や治療のデータが患者に提供されます。しかし、病院が変わっても、患者個人の取得した診療データは不変のものです。このため患者個人の診療データは、患者個人が管理する必要があります。ICT(情報通信技術)を駆使して検査や治療を行ったすべての病院のデータベースから個人の診療データを抽出して個人専用のデータベースを作成や更新ができれば良いのですが、現状ではそれを行える環境がありません。また、個人の診療データが最も必要な高齢者にとってはICTを使うこと自体に抵抗があります。診療データが欲しい人からすれば、お薬手帳のように診療手帳があれば良いというシンプルな結論になります。弊社ではこの診療手帳の代わりに個人の手元にある紙の診療記録を預かり、数字で表せる医療データのグラフを作成して提供する支援を行います。数字のデータを見てもわからないが、グラフにするとわかることがたくさんあります。例えば、10 年分のデータを使って血圧の推移をみると、加齢に伴ってだんだん上昇してくることとか、5年前に処方された薬を飲んでから低めに安定したまま今に至 っていることなどがわかります。

FEATURE OF SERVICE
サービスの特徴

tune

お客様一人一人の命のグラフをつくります。

また、高血圧状態が続いていればすぐ病院にいって 処方してもらう必要があるかもしれません。このように自分がグラフを見て自分の健康を守ることから、私たちはこのグラフのことを「命のグラフ」と名付けました。

サービス詳細はこちら

医療におけるICTの活用のことならお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ